So-net無料ブログ作成
おすすめゲーム

自作TCGのルールを少しずつ考えてみる【8枚目】 [自作TCG]

【自作TCG】全カード枠.PNG

とりあえず
・ユニットカード(枠:5種)
・スペルカード(枠:5種)
・デバイスカード(枠:1種)


が完成。ちょいとスペルカードテキスト枠をリタッチしました。
まぁ、これで大体のカードの枠が完成したので、本格的にルール考案の方に戻れそうです。

とりあえず、今まとめている中でネックになっているのは、カードの配置場所ですね。
前衛・後衛の好きなところ(6マス)にユニットを配置できるようにして、手前はスペルカード専用エリア・・・という風にしてしまうと、どうしてもフィールドが狭くなってしまいそうな気が。逆に、9マス全てにユニット配置できるようにすると、スペルカード用のエリアを別に用意しなければならず、結構難しいです。場所をあまりとり過ぎるのも問題ですしね。うーん、スペルカードは手札から使用後、即墓地行きにすれば解消できるかな?。

デバイスは前衛・後衛の好きなマスに設置可能という風にするか、デバイス置き場を別に用意するか迷ってます。前者にすれば、デバイスにもマップの概念を取り入れられるのでテキストの幅が広がるんですが、フィールドに置くカードが増えるため、ごちゃごちゃしてくるという問題も。

バトルに関しては、前衛のみが攻撃でき、防御は前衛・後衛共に可能。 後衛は攻撃できませんが、前衛をサポートするような効果を発揮可能・・・という風に考えてます。いや、それよりも縦一列全部で戦闘力を合算して、部隊として攻撃した方が良いかなぁ。うーん、難しいわー。


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 3

夕凪十夜

特徴が「銃(ガンナー等)」、「弓(アーチャー等)」、「魔法(マジシャン等)」なんかだったら後衛からも攻撃できてもいいきがします

「魔法」キャラの遠距離攻撃=スペルカードになりそうだから「銃」「弓」だけでもいいのかな

射撃・投擲武器持ちが近接しかできないのは違和感が
by 夕凪十夜 (2009-11-03 12:49) 

U-knight

>夕凪十夜さん
細かく分けすぎると大変なので、そこら辺の特徴は大きく【武器】【格闘】【魔法】の3つに分けて、「後衛からも攻撃できる」ではなく、「タップでダメージ」にしていく予定です。

例:【メイン/タップ】
相手フィールド上の前衛エリアにいるユニット1体を対象とし、1点のダメージを与える

こんな感じです。

by U-knight (2009-11-08 14:07) 

三ツ足

何年前の記事にコメントしてるんだこいつ、と言われても面白そうだったので書いておきます。

9枚まで場に出せるのでしたら場の生存率なども考えてすっごく手札が余る可能性がありますが、ドロー規制や手札上限があったらどうしましょ、なんて考えます(おそらく遊戯王で魔導フォーチュンの使いすぎ)。

戦闘は一対一で殴り合えばいいと思います。そっちの方がわかりやすいし。

効果モンスターの存在をどうしたら弱体化できるか、と考えた結果「通常攻撃ではタップせず防御でき、タップした場合攻撃・防御共に出来ない」とすると効果か攻撃かという究極の選択が出来ると思うんです。

デバイスやらなんやらは各モンスターに一枚だけにすればごちゃごちゃせずにすむかなー、と。

強化スペルは即時に何枚でも使用でき、そのターン内でしか効果がなければデバイスと差別化できそうですね。

これで効果無効系を作ったらまた裁定地獄を見るんでしょうけど。

by 三ツ足 (2013-05-02 23:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。